株式会社ヴェリタス・インベストメント 採用サイト

社員紹介

2016年入社
アセットマネジメント事業部 / 社員
押田 将幸
日本大学

営業部を代表する一人前の営業マンに

私は高校時代、甲子園常連校で野球をしていました。おかげさまで日々充実しており、卒業時の達成感は最高でした。それに比べて、大学時代は四年間の大部分を遊びに費やしてしまい高校時代のような達成感の代わりに悔いが残ってしまいました。四年間の悔いを挽回するべく、誰よりも早く成長したいという思いから適切な環境であると感じたヴェリタスに入社を決めました。

入社して1年目の社員はよく赤ちゃんに例えられます。もちろん、最初は右も左もわからずできることの方が少ないです。だからこそ周りの先輩にたくさん質問して、自分で考え、失敗してもとにかく行動します。その回数が多ければ多いほどたくさんのことを吸収し赤ちゃん同様すごいスピードで成長できます。

営業は、嬉しいこと楽しいことよりも、圧倒的に断られること辛いことの方が多いです。
その分契約していただいた時の喜びは言葉では言い表せられません。
また、契約の喜びや社員旅行、その他の行事全てで家族同様一緒に笑い、辛い時は一緒に涙を流してくれる素敵な仲間がヴェリタスにはたくさんいます。だからこそ、お世話になっている先輩方に早く自分の成長した姿を見せたいと気合いが入ります。

おそらく私のように大学4年間の時間を挽回したいと考えている方もきっといらっしゃることでしょう。後悔をそのまま後悔で終わらせるか、それとも目標達成へのプロセスに変えられるかは自分次第です。本当にまだまだこれからです。いくらでも挽回できます。
ぜひ3年後、5年後、10年後と振り返った時に後悔のない時間をヴェリタスで一緒に過ごしましょう。

1日のスケジュール

  • 9:00出社
    新聞やネットで情報をインプット
  • 10:00朝礼
    電話にて新規開拓
    商談時資料作成
  • 12:00外回り
  • 17:00商談
  • 19:30帰社
    振り返り
  • 20:00退社

2013年入社
アセットマネジメント事業部/係長
佐藤 亮太
明治学院大学

「3年の遅れを取り戻す」実力主義の世界へ

私は社会に出るのが遅かったので「大手では同級生に追いつけない」。そう思って実力主義の企業をメインに就職活動をしていました。その中で、ファッション雑誌に社長が載っているのを見て「誰だ?」と思い調べました。不動産会社の代表をされていることがわかり、自分の志望とマッチしていていいなぁと思っていたら、入社までに社長と道端で8回ほどお会いしました。この不思議な縁に惹かれるようにヴェリタスへの入社を決めました。

「残業なし」というのは他社ではありません。その分自己管理が出来ないと結果もついてきませんので、自分自身を試せる環境です。ヴェリタスは広告関係が強く、加えて反響だけで営業できるくらい問合せを頂ける魅力的な物件を扱っているので売りやすいです。

昇進制度も整っており、やればやっただけ正当に評価してもらえる環境です。私も入社半年で主任、その1年後には係長へ昇進することができました。仕事はもちろん、プライベートの考え方も人として尊敬できて、信頼できる上司に自分も近づいていけるよう成長していきます。そして3年後には営業統括として、年齢もキャリアも上の方々がいる中でも私がヴェリタスの営業部の中心になっていたいです。

営業は元気、愛嬌があってカメレオンみたいな人が結果を出していると思います。様々な業界の方とお会いするので知識面はもちろん、ビンカンな人。お客様の色に合わせられる人は強いです。

不動産の営業は大変です。学生気分ではすぐに売れませんし、くじけやすいです。アドバイスとしては、学生時代に死ぬほど遊んで3月からは仕事モード、4月から良いスタートを切れるように。私の初契約が4月だったので、私より早く結果を出す方がいたら面白いですね。

1日のスケジュール

  • 9:45出社
  • 10:00朝礼
    電話 (先週会ったお客様やこれから会うお客様に)
  • 12:30ランチ
  • 13:30交渉準備 (書類作成等)
  • 15:30交渉
  • 17:30移動
  • 18:00交渉
  • 19:50帰社
  • 20:00退社

2011年入社
アセットマネジメント事業部/係長補佐
幸丸 理恵
青山学院大学

圧倒的な成長を遂げ、女性初の所属長へ

私はもともと営業志望だったこともありますが、説明会や選考でのアットホームな雰囲気が好印象だったのが入社の理由です。ヴェリタスの魅力は、インセンティブが他社より大きく、定時上がりで休みがしっかり取れるところです。ちょっとやりすぎましたが、初歩合で実家の家電を全部買い替えました。また、女性特有な意見になりますが、仕事柄いろいろな男性も見られますし、かつ、お客様は上場企業お勤めのエリートの方々なので理想が高くなりますね。
また、昇進のチャンスが年に4回あるのは嬉しいです。チャンスが多い分、頑張ろうと燃えます。営業で大変なのは、不動産投資の認知度が低いこともあって断られることが多い点です。業界関わらず「営業」で共通していることですが、YESよりもNOの数が断然多いのでメンタル鍛えられます。私は見た目がか弱そうに見られがちですが、ヴェリタスに入社して根性がつき、対面力がつきました。学生時代に比べ簡単に諦めなくなり、現在では役職がある分責任感をもって仕事ができています。同級生の中でも役職が付いている人はあまりいないです。

私は他の方より初契約をいただいた時期がかなり遅かったので、今でもあのときの嬉しさは忘れられません。
3年後には営業部全体の売上げを倍にします。自分の数字も大事ですが、初契約まで苦労した自分だからこそできる後輩のサポートをしていきます。そして、ゆくゆくは所属長を目指していきます。
将来成長するためには若いうちの20代に努力できるかにかかっています。その努力は必ずその後の人生に役立ちますので、苦しいことや大変なことから逃げずに飛び込んで欲しいです。

1日のスケジュール

  • 9:30出社、ニュースチェック
  • 10:00朝礼、既存顧客に電話
  • 12:30ランチ
  • 13:30新規の電話営業
  • 16:00外出(移動)
  • 17:00お客様と商談
  • 19:30帰社、書類作成等
  • 20:00退社

2014年入社
管理部 人事広報課/社員
齋藤 美穂
青山学院女子短期大学

学生を魅了する人事に成長

私が就職活動する上で次の3点を軸にしました。①つらくても頑張った分評価してくれる、②プライベートの時間を作れる、③長期に渡って働ける。ヴェリタスはこの条件にぴったり合っていたので入社を決めました。私は短大卒のため周りよりも早く社会に出たので、皆が社会人になる時には何倍も成長していたいと考えていました。

ヴェリタスは良い意味で不動産会社らしくなく、女性社員が多いので社内の雰囲気が華やかなところが魅力的だと思います。約1年間営業を経験し人事に異動しましたが、最初の3ヶ月間は事務作業が苦手な私にとってすごく大変でした。営業時代もパソコンができないアナログ女子として知られていたので、上司からも心配されるほどでした。今でも失敗しながら試行錯誤を繰り返す日々ですが、自分の間違いに指摘される前に気づけるようになりました。几帳面な上司と仕事をする中で磨かれた部分だと思います。言葉で表すと一見簡単そうに思えますが、書類一つ作成するにしても、読み手の立場に立った内容に仕上げることを追求しています。

毎日の失敗や成功が自分の成長の糧になっていることを実感しながら日々を全力で過ごしています。

人事の仕事だけでなく広報の仕事もありますので、常にプラスαを意識して会社の成長にも貢献していきたいと考えています。

営業とは異なり成果に応じて役職を上げることはないですが、3年後には役職をつけ、プライベートでは結婚、女性としてのキャリアプランを人事という立場で後輩に示したいです。そして、「齋藤さんがいたからこの会社に決めた」と言ってもらえる人事になります。

学生の皆さんも最初は何もできなくていいです。ただし、「これだけは絶対やり遂げる」と決めたら、かっこ悪くても自分の目的を達成しようと努力できる方に来て欲しいです。営業は本当に大変ですが、それを超えるほどの経験ができます。自分の限界に挑戦したい方は是非ヴェリタスに来てください。

1日のスケジュール

  • 9:50出社、メール確認
  • 10:00デスクワーク
    ・会議資料作成
    ・ナビサイトの登録状況チェック
    ・説明会や選考等の日程調整
  • 12:30ランチ
  • 13:30人事ミーティング
  • 14:30説明会、選考の電話連絡
  • 15:00新卒セミナー
  • 17:00採用ブログ更新
  • 18:45掃除、振り返り
  • 19:00退社

2009年入社
アセットマネジメント事業部/課長代理
永目 剛

仕事もプライベートも“カゾク”を支える大黒柱に

ヴェリタスは休みが多く、仕事とプライベートを両立した生活を過ごすことができます。おかげさまで結婚もできて子供も授かりました。入社して守るべきものができましたし、生活水準も上がりました。歩合は自己投資もしつつ、子供につぎ込んでいきたいと考えています。
仕事でのやりがいは歩合がある点が大きく、結果を出せば支給してもらえるので自分の仕事の結果がわかりやすいです。ヴェリタスで一人前に売れる営業マンになれたら、業界問わず他社でも絶対ナンバーワンを取れます。あとは営業を通じて人脈を作れる点です。私は製薬会社にお客様が多いため、自分を含め家族が大病を患ってもアドバイスしてくださる方がたくさんいるのは心強いです。
様々な社内イベントや福利厚生がありますが、個人的には年に数回海外旅行に行けることが嬉しいです。販売する自社物件もブランド力があり売りやすいです。会社の働く環境や商品力が整っていますので、あとは自分がどれだけやるか。そのようにシンプルに考えて働ける環境は他にはないと思います。

3年後の目標は部長になることです。立場上、自分の結果だけでなくクローザーとしての大切な役割もあります。新入社員の初契約・昇進に少しでも携われるよう、マネジメント側の視点をもって成長していきたいです。
活躍できるフィールドはありますので、夢いっぱいの方をお待ちしています。しかし、学生時代とは180度レベルが違います。正直かなりきついですが、その対価はかなり大きいです。仕事に全力で取り組みたい方は是非ヴェリタスに来てください。

1日のスケジュール

  • 9:10出社
  • 10:00朝礼、メール、資料作成
  • 12:30ランチ
  • 13:30アポイント同行
  • 15:30移動
  • 16:30アポイント同行
  • 18:00帰社、書類作成、振り返り
  • 20:00退社